teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


家族旅行

 投稿者:星子うたメール  投稿日:2012年 1月22日(日)13時02分43秒
  ディンギーお姉ちゃんと一緒に、ハウステンボスに行ってきました。私たちも泊まれるヴィラはとっても快適で、
園内も散歩できて、周りの人からカワイイねって注目の的でした。
 
 

今年も仲良しです

 投稿者:今村よしこメール  投稿日:2012年 1月 6日(金)21時05分7秒
  かい君もそら兄ちゃんと仲良く年越しができました。
あんなに小さかったかい君も今年で8歳になります。
ずっとずっと元気でいて欲しいものです。
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者: 八木良子メール  投稿日:2012年 1月 3日(火)16時51分14秒
  先生のところで診ていただいた ちびうさぎ、「ちび」です。
能古島アイランドパークに送られる寸前でしたが、 「小さい」のと「寒さ」が心配で
家で飼ってくれる人を探しましたところ。
灯台元暗し で、わたしの おばあちゃんが そだててくれることになりました。

今では おばあちゃんちの老猫 「みい」とも仲良しです。今度雌雄判定につれていきます。
 

お姉ちゃん速い!

 投稿者:星子うたメール  投稿日:2011年 7月24日(日)16時37分10秒
編集済
  ディンギー「先生、スタッフの皆さん、こんなに元気に走れてます。毎日薬を飲まないといけないけど、楽しく暮らしていきます。
      皆さんも、夏バテには気をつけてください。」

うた「糸島のドッグランの写真だけど、お姉ちゃんって速いでしょう! 本気で走ると、私追いつかないの。」
 

勘崎典子院長先生とスタッフの方々へ

 投稿者:rug  投稿日:2011年 7月17日(日)01時52分57秒
  こんにちは、大賀ラグです♪
いつも優しくて、たくさん話しかけてくれて、そして、僕にたくさんたくさんご褒美をくれる
勘崎典子院長先生と、スタッフの皆さんがいるマリーナ動物病院へ行くのが、僕は大好きでした♪
三歳の時に、僕の体に肥満細胞腫という厄介な病気が発生。
その時、既にグレードⅡと言われ、長生きは出来ないと告げられました。
別の病院で手術をしたものの再発し、不安になったママが連れてきたのがマリーナ動物病院。
勘崎院長先生や皆さんのおかげで、僕は元気に、只今12歳。
楽しいことやつらいこと、本当にいろんな事があったな。
でも、そろそろ疲れてきたのかな、もうすぐ13歳を目前に僕は力つきそうです。
その前に、勘崎院長先生やスタッフの方々にお礼を言いたくて。
あと何回、皆さんにお会いすることが出来るか分かりませんが、今までありがとうございました。
本当にほんとうに、皆さんが大好きでした♪


 

妹の「うた」です。

 投稿者:星子ディンギーメール  投稿日:2011年 6月18日(土)19時54分27秒
   これは、妹の「うた」です。梅雨空が続き外で遊べないので、いつもプロレスごっこをしています。疲れた後のお昼寝は最高! 先生や看護師さんたちも、休息、栄養、十分にとってくださいね。 by Dinghy  

ありがとう ございました。

 投稿者:馬場 ベルメール  投稿日:2011年 4月 6日(水)23時59分1秒
   平成11年(1歳)の時から平成15年(5歳)間、診て頂いたミニチュアダックスのベルです。5歳の冬に家族で関東に引っ越す時にお医者さんを紹介してくれてありがとうございました。その後6年間、千葉で家族そろって幸せに過ごしてきました。けれど去年の平成22年4月2日にクッシング症により家族とお別れする事になりました。でも最後はお家で家族みんなに看取られ、パパに抱かれてさよならする事が出来ました。お別れの時、パパの顔をいっぱいいっぱいペロペロしました。「ありがとう」って伝えたかったんだけどパパに伝わったかな。この間、パパ達とお別れしてちょうど1年経ちました。パパ達がお参りに来てくれました。私もパパ達に早く会いたいです。それまで虹の橋の袂でパパと会えるまで待っています。
 先生にもお礼を言いたくて。お腹をこわしたときいつもやさしく診てくれてありがとうございました。by Bell
 

初診でした~

 投稿者:小島メール  投稿日:2011年 4月 1日(金)19時00分42秒
  今日は、お世話になりました。

ロイヤルプリンセス11ヶ月♂この次は去勢手術でお世話になります。

妹二匹もよろしくお願いします。

診察の時にプリンセスをギュット抱きしめて下さった院長先生ありがとうございました。

4月11日は去勢よろしくといいたいですが盛って泣くのでもう少し早くがよかったかな~
 

今年もよろしくお願いします。

 投稿者:西区小学校 八木良子メール  投稿日:2011年 1月16日(日)21時00分3秒
  去年は、二度 本校での授業をしていただきました。
一度目は、一年生に向けて「いのちってあったかい」の授業でした。二度目は
高学年の飼育委員会に向けて「いのちによりそう」の授業でした。

二度目の授業のときも勘崎院長始めマリーナ動物病院の三名の先生、お知り合いの先生一名、マリーナ動物病院で研修中だったスウェーデンからの先生一名 計五名での御登場でした。

最初に 教室でのお話。
いつもの聴診器をチョークにかえての お話は、「何羽のウサギがいるの?」「名前は?」
「何歳?」との問いかけから始まりました。
「ウサギは生後5ヶ月から赤ちゃんを産むことができる」ので、これ以上ウサギが増えないように「雌雄別」ですみわけさせることが必要なことや、年寄りのうさぎの世話について子どもに分かりやすく話してくださいました。また、自分や友達の心音を聞く活動をさせていただきました。

次に外の飼育小屋でのお話。
子どもたちは、ウサギの心音をきいて「人間と同じ」いのちを感じました。「ウサギが安心する抱っこのしかた」や「冬越しの防寒」について具体的におしえていただきました。

学校の飼育小屋は 夏は暑く、冬は寒い厳しい状況です。ウサギの世話を怠ると ある獣医さんに「ウサギのアウシュビッツだ」と言わしめたような過酷な状況にもなりかねません。

でも、子どもたちは、今回の先生がたのお話で、かわいい小さなウサギをかわいがるだけでなく、年寄りや弱ったうさぎを気遣うことを学びました。限られた条件のもとですが、
子どもたちと大切にケアをしていきたいと思います。

先生方が 忙しい診療や手術の合間をぬってこのような講話をしてくださることは
たいへんありがたいです。これからも どうぞよろしくお願いします。
 

おめでとうございます☆

 投稿者:木村ファミリー  投稿日:2011年 1月 2日(日)00時32分55秒
  昨年中は大変お世話になりました。
院長先生・スタッフの皆様のお陰でミルキーの心臓も落ち着いています。
今年も4にゃんず共々よろしくお願い致しますm(__)m
 

レンタル掲示板
/7