teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


まりやさん

 投稿者:ホウメイ  投稿日:2017年 8月20日(日)23時47分56秒 KD182249240039.au-net.ne.jp
返信・引用
  東京FM 系列 「山下達郎サンデー・ソングブック」納涼夫婦放談で、
竹内まりやさんが次のアルバムのレコーディングで、ユッコの
セルフカバーをしていると話されていました。

radikoタイムフリーで一週間聞けます。
 
 

(*^O^*)

 投稿者:MIMI@おさぼり管理人  投稿日:2017年 8月11日(金)21時29分44秒 p3737092-ipngn20701marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  ☆赤い楯さんへ

またまた、週刊ポストの記事の内容のニュースをこちらで教えて下さいまして
どうも有り難うございました(*^O^*)

私も週刊ポストを買ってきましたよ~。
今回の記事は、とても良い内容でしたよね。
こういう取り上げられ方は、ファンとしてとても嬉しいですよね。


☆huraさんへ

書込み有難うございます(*^O^*)

私も偶然にテレビを観ておりました。

岡谷章子さんが、大変な事故に遭い、その後見事に復活されて
芸能界でさらなるご活躍をされていたと、初めて知りました。

いつか、ゆっこちゃんについても、ラジオのゲストなどで
お話が伺えたら嬉しいですね。

http://yukkodaisuki.html.xdomain.jp/

 

岡谷章子

 投稿者:hura  投稿日:2017年 8月11日(金)19時55分57秒 pc332240.ztv.ne.jp
返信・引用
  有希子 章子 麻里の夜遊びしナイトの岡谷章子がテレビに出てる。バイオハザードの主役の声優したり等、売れっ子声優とは驚き!  

NEWSポストセブン

 投稿者:赤い楯  投稿日:2017年 8月 9日(水)17時12分33秒 p383002-ipngn200409niho.hiroshima.ocn.ne.jp
返信・引用
  続きです。


「彼女の存在は私にとって永遠の理想像であり、ヴィーナスと呼ぶべき唯一無二の存在です。辛い時には彼女の曲を聴き、いつも励まされてきました」

 ラジオ番組やファンイベントは、ファン同士の交流だけでなく、「彼女の存在を後世に伝える目的もある」(山口氏)という。実際に、会場には20代の若者の姿も散見された。女性の姿も多く、世代を超えて岡田有希子が愛されていることが窺える。

「歌っている姿や仕草から、真面目で一生懸命な気持ちがはっきり伝わってくる。いま見ても本当に可愛い」(24歳・女性)

 岡田有希子は、色褪せずにずっと輝き続けている。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号
 

NEWSポストセブン

 投稿者:赤い楯  投稿日:2017年 8月 9日(水)17時10分33秒 p383002-ipngn200409niho.hiroshima.ocn.ne.jp
返信・引用
  岡田有希子ファンイベントで24歳女性「今見ても可愛い」

2017.08.09 16:00

 1984年に16歳でデビューし、絶頂期の1986年に早世した永遠のアイドル、岡田有希子。今年は彼女の生誕50年(2017年8月22日)にあたり、その功績に改めて注目が集まっている。

 7月29日に名古屋、30日には東京都内でファンが集う「ファンミーティング」が行なわれた。7月29日は岡田のファンクラブが結成された大事な日であり、両会場には全国から抽選で招待された合計約200人のファンが集結。雑誌『平凡』の未公開カットの大判ポスターや本人直筆のイラストなどが展示された会場内は熱気に包まれ、当時を懐かしむ人の姿で溢れた。生前のスライド写真とともに貴重な初公演のステージ音源が流れると、多くの観客が感極まって涙した。

 東京会場にはゲストとして岡田の事務所の先輩で、堀越高校の同級生だった桑田靖子(49)が登場し、「ユッコ(岡田有希子の愛称)は子犬みたいな目をしていて、本当に可愛かった」と振り返った。また、岡田に楽曲を提供した竹内まりや、小室哲哉ら豪華な面々もコメントを寄せていた。

 ファンミーティングを企画したのは、中学2年生のときから彼女の大ファンだという山口悟氏(47)。名古屋市内で医師として働くかたわら、東海ラジオの番組スポンサーとなり、自らがパーソナリティーを務める岡田有希子トリビュート番組『ドットーレ山口のドキドキラジオ’84』を昨年4月からスタートさせた。山口氏の熱い想いに応える形でレコード会社や出版社が協力し、イベントが実現した。山口氏に想いを聞いた。
 

Re: 昭和アイドルアーカイブス

 投稿者:MIMI@おさぼり管理人  投稿日:2017年 8月 8日(火)21時14分56秒 p3737092-ipngn20701marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  ☆赤い楯さんへ

いつも書込み有難うございます(*^O^*)

こんなイベントが有ったのですね~。私も知りませんでした。
詳細内容を教えて下さって有難うございます。

本当に、知っていたら行ってみたかったですよね(*^O^*)

http://yukkodaisuki.html.xdomain.jp/

 

昭和アイドルアーカイブス

 投稿者:赤い楯  投稿日:2017年 8月 7日(月)06時25分38秒 p383002-ipngn200409niho.hiroshima.ocn.ne.jp
返信・引用
  こんなイベントがあったんですね。全然知らなかった。知っていたら行きたかったけど。

ちょっと長くなるけど、読んで下さい。



伝説のアイドル楽曲を再発見! 『昭和アイドルアーカイブス・岡田有希子編』参戦レポート



2017年8月5日 (土) 19:00 配信 おたぽる



 岡田有希子が亡くなってから、今年で31年目を迎えた。

 あれから色々なことがあったけれど、今、アイドル業界は華やかで、かつてないほどの盛り上がりを見せ、たくさんのアイドルたちが日々、歌ったり踊ったりしてファンを楽しませている。

 そんな中、昨年の9月から、一風変わったアイドルイベントが開催されている。

「昭和アイドルアーカイブス」。そんなタイトルで行われるのは、今から30年以上前のアイドルを取り上げ、その良さを再発見しようという試みだ。

 第一回の「キャンディーズ」をはじめ、斉藤由貴や「おニャン子クラブ」など、それぞれの楽曲の魅力やその時代の様子などを、参加したお客さんと一緒に探っていこうというイベントになっている。

 7月24日(月)、この日は、昭和アイドルアーカイブスの岡田有希子編が開催されるとのことで、参加した。

 実はこのイベント、告知がなされるとすぐにソールドアウトしてしまい、キャンセル待ちも出たほどだったという。今なお、多くの人に支持される岡田有希子の魅力とは何なのか、イベントを通して確認したいとの思いを抱えつつ、会場に向かった。

 開場となる19時前、神保町の楽器カフェには人の列ができていた。私も最後尾に並んで入場する。お客さんは50人ほどで、何人かはキャンセル待ちで入ったとか。場内には、岡田有希子の曲が静かに流れている。そしてお客さんは思い思いに、当時の思い出を語り合っているようだ。

 19時30分、「ファースト・デイト」のBGMで、MCの橘はるか(Ange☆Reve)が登場。彼女はまだ若いながら、キャンディーズなどの昭和アイドルが大好きということで、このイベントのMCに抜擢されたという。

 続いて、このイベントの仕掛け人でもある、鈴木啓之、高島幹雄の両氏がステージに迎えられる。もう11回目の開催とあって、3人とも慣れた様子でトークが進む。

 まずは岡田有希子の紹介から始まる。1984年にデビューし、活動期間はわずか2年。しかし、その間に、シングル8枚、オリジナルアルバム4枚をリリースするなど、短くも濃密なアイドル活動であったことを再認識させられる。高島は、「ユッコ・シンドローム」と呼ばれた社会現象にも触れ、「未だに胸が痛む」と語った。

 また、当時TV局でADをしていたという鈴木は、仕事で実際に会った岡田ついて「明るくて、育ちのいい子という印象」と話した。会場には、当時からのファンも多く、皆あの頃に思いをはせているようだった。

 そして、会場の客から集めたアンケートの回答が読み上げられていく。テーマは「岡田有希子との思い出」。「彼女が海外から戻ってきたら、髪が短くなっていて驚いた」「コンサートにも行った。楽しかった思い出しかない」など、ファンならではの思いが語られた。

 続いては、曲を聴きながらのトーク。高島がセレクトしたのは、4枚目のアルバム「ヴィーナス誕生」から、1曲目の「WONDER TRIP LOVER」。シングルとして発売され大ヒットした「くちびるNetwork」と同じく、歌詞にタイアップしたCMのキーワードでもある「くちびる」を含んでいたり、作曲も同じ坂本龍一であることから、「どちらかをシングルにしようとしたのでは?」との自説を披露した。曲が流れ出すと、会場の全員で耳を傾ける。改めてキレイな歌声だと思う。

 次に鈴木と橘が選んだのは、デビュー曲のカップリング「そよ風はペパーミント」。初期の作品だけあって、初々しさもあるが、それでも大人っぽいしっかりとした声であることに驚かされる。

 そして、橘はるかが、岡田の5枚目のシングル「Summer Beach」を披露。「昭和アイドルを意識した」という橘の髪型や白いワンピースが似合っており、どこか岡田有希子の姿と重なって見えた。

 続いては、岡田有希子の事務所の後輩でもあるアイドルグループ「さんみゅ~」から、西園みすずと新原聖生が登場。実はこの「さんみゅ~」、岡田有希子の最後のシングル「くちびるNetwork」のカバーでデビューしたという、関係の深いグループなのだ。

 2人も、デビューするまでは岡田のことを知らなかったというが、「自分たちのライブに、当時の岡田さんのファンが来てくれる」「ショッピングセンターなどで歌っていると、見てくれる人が多くなる」など、感謝の気持ちを感じているとのことであった。

 続いて問いかけられたのは「サンミュージックの掟について」。かつて、松田聖子や岡田有希子が初代社長であった相澤秀禎氏の自宅に下宿していたことについて、事務所から「本当は(さんみゅ~も)泊めてあげたいんだけど、人数が多すぎて」と言われたことを明かした。

 また、「アイドルの先輩から、何か指導されることはあるか?」との質問には、「難しいことは言われない。『明るく、元気に、爽やかに』ということぐらい」と回答。多くのアイドルを排出してきたサンミュージックらしい教えに感心した。

 さらに、「さんみゅ~」の名付け親でもあり、デビュー当時は会長だった相澤秀禎氏については「神様みたいな存在。見るだけで穏やかな気持ちになる」「愛が歩いているみたい」との印象を語った。

 ここで、逆に2人から客席への質問コーナー。「今と昔で、アイドルの応援方法は違う?」との質問に、会場からは「紙テープを投げていた」との声が上がる。しかし、新原は、「え? 紙がテープになってるの?」と理解できない様子。今では無くなってしまった文化なんだな、としみじみ思う。

 また、「昔はテレビの音楽番組がたくさんあったけど、どうやって練習していた?」との質問には、テレビ番組のスタッフをしていた鈴木が、「生番組などは大変で、朝からずっと準備して本番に臨んだ。それでも忙しい人はリハーサルもできなかった」と明かし、当時の過酷な状況に、2人も驚きの表情を浮かべていた。

 トークも一段落したところでライブへ。西園と新原が歌うのは、岡田の7枚目のシングル「Love Fair」。切なげなメロディーを、2人が心を込めて歌い上げる。先ほどのトークで、サンミュージックの話を聞いたせいか、事務所の遺伝子が彼女たちに受け継がれているような感覚を覚える。彼女たちが歌い継ぐことで、悲しい思い出が洗い流されていくかのようだ。歌ってみて、2人は、「世界観が難しかった」と感想を述べた。

 さて、ここで、会場に展示されているグッズが紹介される。「昭和アイドルアーカイブス」では、毎回取り上げたアイドルのグッズが展示されるのだが、今回は神保町のCDショップ「タクト」から、岡田有希子のサイン入りレコードやコンサートパンフレットなどが展示され、その場で即売もされていた。ゲストの2人も興味津々。EPとLPを見比べて「どうしてこれとこれが同じ機械で再生できるの?」と不思議がる。時代は変わっているんだなと実感させられる。

 再び、トークに戻って、アンケートで寄せられた「岡田有希子で聴きたい曲」「さんみゅ~にカバーしてもらいたい曲」を紹介。シングルのB面曲から、アルバムの曲まで、様々な曲名が挙がる。そして、ゲストの2人が歌いたいのは、新原が「恋のダブルス」、西園が「二人だけのセレモニー」とのことだった。

 いよいよ、イベントも終盤、最後に、新原、西園、橘の3人で一曲歌う。曲は、岡田の最後のシングルとなった「くちびるNetwork」。前述のとおり、さんみゅ~もカバーしているが、今回はあえて当時のアレンジバージョンを披露する。

「ねえ、誘ってあげる ロマンチックに」

 懐かしいメロディーが、新たなアイドルたちによって歌われていく。それはとても美しいことだと思えた。歌い終わった3人は、「ワクワクした」「またやりたい」と感想を述べ、本編は終了。

 終演後は、出演者の物販と特典会。楽しげにファンと交流するメンバーを見て、とても暖かい気持ちになった。

 あの日、とても悲しい思いをしたアイドルファンたちが、今はこうして新たなアイドル文化を育んでいる。

 時間の流れ、人の移り変わり、そんなものの中でも、アイドルになりたいという女の子の思いと、それを応援するファンの思いは消えずに残っていく。この文化が、少しでも長く続いてくれることを願いたい。そんなことを実感されられたイベントだった。
(文=プレヤード)



 

Re: 8月7日(月)発売

 投稿者:MIMI@おさぼり管理人  投稿日:2017年 8月 6日(日)21時20分54秒 p3737092-ipngn20701marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  ☆赤い楯さんへ

> 週刊ポスト8月25日号21頁に有希子さんのことが載ります。

ゆっこちゃんの情報をどうも有り難うございます(*^O^*)
早速月曜日の朝に購入致します。

ファンミーティングでの赤い楯さん、羨望の眼で見られて、目立っておりましたよ~(笑)

http://yukkodaisuki.html.xdomain.jp/

 

8月7日(月)発売

 投稿者:赤い楯  投稿日:2017年 8月 6日(日)20時55分44秒 p383002-ipngn200409niho.hiroshima.ocn.ne.jp
返信・引用
  週刊ポスト8月25日号21頁に有希子さんのことが載ります。

先日のファンミーティングの記事ですね。


題は

岡田有希子「あなたに逢いたい」-いまもファンは在りし日の彼女を想う

岡田有希子、ファンミーティング、雑誌「平凡」、桑田靖子

 

Re: あれれ?

 投稿者:MIMI@おさぼり管理人  投稿日:2017年 8月 3日(木)21時35分38秒 p3737092-ipngn20701marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  ☆シューティング☆スターさんへ


> あれ?意地悪してないですよね。(笑)
> そうすると…面影も分からなくなりそうです。どうしましょう。

えええ~!!!そんな事しませんよ~(笑)
私の左隣が女性の方だったと言うのは違っていますので、きっとシューティングスターさんが勘違いされていて、
一人眼帯をされた男性の方を挟んで、そのまた左側に座わられていた女性の方だと思います。
もしもそうだとしたら、、シューティングスターさんが見られた後姿は、私だったかもしれません(*^O^*)

> そのうちに機会がありますね。その時はお見知りおきを…。

はい、その時を楽しみにしておりますね。(*^O^*)

http://yukkodaisuki.html.xdomain.jp/

 

あれれ?

 投稿者:シューティング☆スター  投稿日:2017年 8月 3日(木)00時49分8秒 p4234-ipbf2201funabasi.chiba.ocn.ne.jp
返信・引用
  MIMIさんへ

あれ?意地悪してないですよね。(笑)
そうすると…面影も分からなくなりそうです。どうしましょう。
そのうちに機会がありますね。その時はお見知りおきを…。

黄色の花々の笑顔も印象に残っております。一瞬という永遠の姿を心に焼き付けてきました。
彼女が寂しい想いをしないようにと念じています。
 

(*^O^*)

 投稿者:MIMI@おさぼり管理人  投稿日:2017年 8月 2日(水)21時30分12秒 p3737092-ipngn20701marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  ☆シューティングスターさんへ

書込み有難うございます(*^O^*)
シューティングスターさんも会場にいらしたのですねっ!!!!
お目にかかれず残念でした…。

未公開の可愛らしいショットの数々や大音量で聴くコンサート音源…
楽しい靖子さんと先生のトーク…
夢のような時間でしたね。

本当に…あの素敵な未公開ショットが1冊になって販売されたら
どんなに嬉しいでしょうね(*^O^*)

シューティングスターさんの一押しの砂浜に落書きの写真もとても素敵でしたよねっ。
私は社長宅で朝食を食べている写真と菜の花畑の写真が特に好きでした。
もちろん、どれも本当に可愛らしいゆっこちゃんでしたよね。

多分シューティングスターさんが7/31の書込みで私だと思われた方は、私ではないです。
ファンミーティングの時は、山口先生とお話が出来ておりませんし、
近くにも行けていないので(笑)
その後、ユツコ祭りの受付の準備もあって、早々と会場は立ち去ってしまいました。

また、ファンミーティングでは私の両隣は男性の方でした。
私の記憶では、そのまた左隣の方は女の子でしたが、その方のお洋服は覚えていません。
確かに、終始泣いていた人の一人ではあるかしら~(笑)

http://yukkodaisuki.html.xdomain.jp/

 

Re: あの場にいた1人である証拠をもう少し

 投稿者:MIMI@おさぼり管理人  投稿日:2017年 8月 2日(水)21時03分49秒 p3737092-ipngn20701marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  ☆小哲さんへ

(笑)小哲さんは確かにいらっしゃったとよ~く分かりましたよ(*^O^*)
質問も先生のお答えも良~く覚えております。

この掲示板に来て下さる方々もちゃんと小哲さんが参加されたと
信じていらっしゃると思います。
詳細の書込みをどうも有り難うございます(*^O^*)

http://yukkodaisuki.html.xdomain.jp/

 

黒のベレー帽?

 投稿者:シューティング☆スター  投稿日:2017年 8月 2日(水)01時50分37秒 p4234-ipbf2201funabasi.chiba.ocn.ne.jp
返信・引用
  MIMIさんへ

 御無沙汰をしておりました。そうでしたか…でも、
黒色のベレー帽と言えば…私の列の二つ前の列で、私の目の前で終始泣かれている女性をお見受けしましたよ。そんなお姿が目に入り、私はもらい泣きをこらえていました。なんて心根の優しい方なんだろうと…。左隣りの方は女性でしたよね。ユッコちゃんのプライベート写真で見たことのある似た趣のワンピース風のドレス(エメラルド色にプリント柄?)を着た方がいらっしゃいませんでした??
MIMIさんはコンサート音源に合わせて、ハミングするかの様に体を左右にリズムをとっていらしたかな…、間違いない!(恐怖!!背後から見ずとも見ていましたよ~笑)

 マガジンハウス様が公開して頂いた写真の中で、私のベストショットは、浜辺で砂浜に自身のイラストを描いた遠景のショットかな。ニコッとした笑顔と共に連写の一枚でしょうか…。彼女の魅力が凝縮していた印象を受けました。どれもオフショットの方がユッコちゃんらしかった気が致します。(想い入れがすぎるかな~。)別冊で写真集が公開されれば良いのになーと思っております。完成した商業写真とは違って彼女の素顔が切り取られているようです。

コンサート音源も想像以上に見事にクリアーなもので、荒い呼吸をするユッコちゃんの吐息に彼女の命の息吹を感じてしまいました。本当に艶めかしいし、CD化を、出来れば映像もあればよいのですが、宮坂さんのラジヲでの発言からは記録資料の所在も不明の可能性が高いのでしょうか…。

 関係者様のご協力で秘密のユッコちゃんを垣間見せて頂き、この上ない記念会だった想っております。三日たっても興奮が冷めやらない。
何かの機会に御挨拶をしたいと思っておりますのでお見知りおきを宜しくお願い致します。こちらに都度カキコさせて頂きたいと存じます。

追伸
山口先生は、それにしても長髪がとてもお似合いなお医者さまでした…。握手もして頂き色々な意味で励みになります…、先生、東海ラジヲ様こちらをご覧になられていらっしゃいましたら改めて感謝の意を表したいと存じます。
 

あの場にいた1人である証拠をもう少し

 投稿者:小哲  投稿日:2017年 8月 1日(火)23時10分10秒 58x5x147x70.ap58.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  レス、ありがとうございます。

桑田さんの自虐ネタを具体的に書いたのは意図的にです。あの場に確かにいたことを示す間接証拠として。で、それをもう少し書き足します。

質問コーナーでの最初の質問:「ユッコは頭がよかった、成績がよかったということだが・・・」

コンサート音源鑑賞中に抜け出して、トイレに行っています。たぶん私が最初じゃなかったかな。(汗)
 

Re: 私も参加しました

 投稿者:MIMI@おさぼり管理人  投稿日:2017年 8月 1日(火)22時21分30秒 p3737092-ipngn20701marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  ☆小哲さんへ

書込みどうも有り難うございます(*^O^*)
小哲さんも東京会場に当選されたのですねっ。
質問コーナーで最初に質問されたのが小哲さんだったのですね~。

私も名古屋は落選してしまいましたが、運よく東京会場は当選メールが届きました。
さらにゆっこ祭りも、落選者じゃなくても申し込みが出来る様に変更になったので、
参加させて頂きました。
参加する事になったので、ついでに受付のお手伝いを当日する事に(笑)

2度のニアミス!!!!残念です。
東京会場の桑田靖子さんと先生のトークは本当に楽しかったですよね。
ゆかりの方々からのメッセージも感動でしたね。

いつかお目にかかれる日を楽しみにしております。

http://yukkodaisuki.html.xdomain.jp/

 

私も参加しました

 投稿者:小哲  投稿日:2017年 8月 1日(火)21時34分41秒 58x5x147x70.ap58.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  参加申込サイトでは事務的なことしか入力しなかったので、「しまった。もっとアピール的なことを書けばよかったか」と後悔したものの、幸い当選。

管理人さんは4/8に四谷4丁目交差点に来ていたそうなので、2回目のニアミスということになります。お姿は全く存じませんが。

桑田さんは自虐ネタを4つは飛ばしていましたね。「おじさん・おばさん」「胸」「スリッパ」「売出し路線は、ユッコと同じか違うのか」

でも、それでちゃんと明るい笑いを取っていたのは、人生の円熟味の持ち主だからだろうな、と感じました。

桑田さんへの質問コーナーで、最初に当ててもらえたのが私です。(2問目があったか覚えていない)
 

Re: かなりご無沙汰してます

 投稿者:MIMI@おさぼり管理人  投稿日:2017年 7月31日(月)23時12分6秒 p3737092-ipngn20701marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  ☆カズカズさんへ

コメント有難うございます(*^O^*)

カズカズさんも昨日のファンミーティングに参加されていらしたのですね。
私は昨年のファンミーティングには参加しておりません。

けれども、今回の東京会場には参加する事が出来ましたよ。
お目にかかれずに残念でした…。

誰もが会場内では、ゆっこちゃんの未公開写真や直筆イラストなどに夢中で
誰が来ているかなどは全く気にしたりしていませんでしたからねっ(*^O^*)

そして、終了後は速やかに立ち去って下さいとのアナウンスもあり、
私はユッコ祭りの受付の準備もあり、後ろ髪を引かれつつ…
早々に会場を後にしてしまいました…。

また何かの機会にお目にかかれるのを楽しみにしております(*^O^*)


http://yukkodaisuki.html.xdomain.jp/

 

Re: 大変良い時間を過ごすことができましたね!

 投稿者:MIMI@おさぼり管理人  投稿日:2017年 7月31日(月)22時57分6秒 p3737092-ipngn20701marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  ☆一ちゃんへ

書込み有難うございます(*^O^*)
本当にとっても素敵なファンミーティングでしたよね。
コンサート音源をあの音量で聴く事が出来…色々な気持ちが一気に込み上げて
涙が止まりませんでした。

久し振りにお目にかかれて嬉しかったです(*^O^*)

http://yukkodaisuki.html.xdomain.jp/

 

かなりご無沙汰してます

 投稿者:カズカズ?  投稿日:2017年 7月31日(月)06時22分30秒 sp49-98-170-169.msd.spmode.ne.jp
返信・引用
  MIMIさん、大変ご無沙汰してます。

去年のファンミ行かれたのですね。

私も末席ながら参加させて貰いました。

改めてコメントしますね。
 

レンタル掲示板
/36