teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


たんば映画会「フツーの仕事がしたい」のご案内

 投稿者:憲法たんば  投稿日:2008年10月31日(金)21時47分0秒
  たんば映画会「フツーの仕事がしたい」
~21世紀に甦る、リアル「蟹工船」~

●とき/11月6日(木)午後7時上映(70分)
●ところ/篠山市民センター2階・催事場
●主催/憲法たんば
●入場無料(入場整理券が必要)
●問い合わせ/憲法たんば事務局 0795-73-3869

http://kenpotamba.exblog.jp/

 
 

ITサロンが

 投稿者:ふくメール  投稿日:2008年 1月26日(土)07時58分20秒
  時々ITサロンでパソコンの分からないことを教えていただいていますが 無くなると聞きました?  本当でしょうか?
利用者が少ないのですか? ホールも無料で助かっていますが 少し料金を取ったらだめなのですか? 無くすことを考えないで存続に向って考えてください。お願いします。
 

図書館でのマナー

 投稿者:安井メール  投稿日:2008年 1月13日(日)16時41分15秒
   私は昨日の夕方、市中央図書館に寄りました。昨年12月中旬に予約していた司馬遼太郎の「歴史の中の邂逅3」と言う本が貸し出し中で、1月6日に返却されるということだったからです。しかし、2週間の貸し出し期間を数日過ぎていたのもかかわらず、まだ返却されていませんでした。ガッカリでした。それで、雑誌等を数冊読んでから帰宅しました。

 私も、2週間の貸し出し期限を1、2日過ぎて返却したことがありますが、市民の本を借りるマナーの向上も必要です。返却期限を大幅に過ぎていて、その本の返却を待っている人が居る場合、図書館員は返却の督促をされているのでしょうか?
 督促に速やかに応じない悪質な返却延滞者には、「一定期間貸し出し禁止」などの、ペナルティも必要と思いますが如何でしょうか?悲しいことだけど、「罰則規定が無ければ守られないルール」も多いのですから。

 また、借りた本にペンで書き込みされていて気分を害した事もありました。借りる私たち市民側も、みんなの財産である図書を大切に扱わないといけませんね。
 

司馬遼太郎記念館のこと

 投稿者:安井 博幸メール  投稿日:2007年 7月16日(月)07時14分57秒
   台風の被害も無くて、思ったより天気が回復していた日曜日の朝、以前から一度行ってみたかった司馬遼太郎記念館(東大阪市布施の八戸ノ里駅近く)へ、 私は妻と行くことにしました。
 私はファン、彼女は熱烈な司馬ファンで、篠山からの高速道路は渋滞も無く、1時間余りで着きました。高名な建築家の安藤忠雄さんの設計されたその記念館で、私たちは沢山の蔵書に圧倒されました。
 記念館の地下一階の大書架の壁面に、「21世紀を生きる君たちへ」の文章が掲げられていました。これは、司馬遼太郎さんが小6の教科書用に書いた文章です。その、推敲に推敲を重ねた直筆原稿を目の当たりにして、いかにすれば子供たちに自分の想いが伝えられるのか、という作家の熱意が伝わってきました。私は、静かに深く感動しました。
この直筆原稿の掲載された小冊子を記念館で入手し、
「来て良かった」
「これは、子供たちだけでなく、多くの大人の人たちにも読んで貰いたいなあ」
と思いました。
 ここから、歩いて数分のところに、司馬さんを偲ぶ散策に欠かせない店がありました。
この「伊古奈」と言う店で、お好み焼きと焼きそばを食べてから、隣の「美術館」では炭焼きコーヒーを飲みました。同じ経営者の両店には、司馬さんの「街道をゆく」の挿絵を描かれた須田画伯の作品が、 壁一面に展示されていました。
 その後、花園ラグビー場西隣の東大阪市立図書館へ寄り、郷土作家である司馬遼太郎コーナーで、しばしの時間を過ごしました。この図書館がオープンした時に、司馬さんは「おめでとう。街に図書館があるというのは、食堂があるのと同じことなのです」と言う言葉ではじまる直筆原稿もそのコーナーに展示されていました。
 司馬ファンの方は、機会があればぜひお出かけ下さい。
 

(無題)

 投稿者:とも  投稿日:2007年 4月21日(土)09時50分25秒
  お話会で使う紙芝居を社(加東市)の図書館まで借りに行きました。三田は篠山と同じ位の図書整理日・丹波市はもう少し短かったし、加東市は休館日に図書整理日がなかった。もう少し短縮して欲しいです。  

(無題)

 投稿者:安井 博幸  投稿日:2007年 4月21日(土)09時33分25秒
  今月、篠山市中央図書館は、資料特別整理期間で9~20日まで連休でした。
4月は何と17日間も閉館していて、閉まっている日の方が多いですね。
新学期も始まったばかりで、多くの児童、生徒や学生たちも図書館で調べ物をしたいやろに、こんなに休館ばかりではねえ。
資料の整理は、まとめて休館してしなくても、毎日少しずつ出来ないものなのかなあ。開館していると出来ないと言うのなら、金曜日以外は夕方6時に閉館するんやから、それ以降にしたら済むと思うのです。

図書館というのサービス業なんやから、より多くの市民が利用しやすいものでなければなりません。いくら素晴らしい選書がされていても、司書の方が懇切丁寧な対応をして下さっても、開館していなきゃ市民は利用できません。

私は、数年前に、新しい図書館を作るためのワークショップがあったときに、下記のような意見を申し上げました。
「多くの市民が利用し易い図書館を目指すなら、年中無休で24時間オープンしているコンビニのように、いつ行っても開いている図書館にすべきです。」

それが無理なら、せめて、祭日は開館するなりして、もう少し休館日を減らし、開館時間も延長してもらいたいものです。
 

講演会 暮らしに役立つ図書館

 投稿者:とも  投稿日:2007年 4月19日(木)00時15分22秒
  講演会 暮らしに役立つ図書館ー赤ちゃんからお年寄りまでー
講師 白根一夫氏(島根県斐川町立図書館長)
日時 4月28日(土)2時20分から4時
場所 篠山市立中央図書館
   町民に役立つ図書館の実践は斐川町の図書館HPに詳しく紹介されています。
   厳しい状況にある図書館はどうあるべきか、みんなで考え合いましょう。
 

きごころ

 投稿者:とうじゅ  投稿日:2007年 2月23日(金)03時08分34秒
  ”きごころ”を合致させ

戸惑ってた人に対して
ぼくは、
「くしゃくしゃっ」と、
言ったけど、

(ああ、それなのに、)
見事に伝わった!

なぜならば、
相手の気持ちに、言葉を、
すんなり 滑り込ませたから

内臓だけの光景

シナリオ書きも、
観客も、

ぼく自身



胸の中さえ添わせておけば、
後は、うまく推測してもらえる!

人を栄養にして、
身体に取り込める
パワーが増えるのさ

人と人は、
気持ちで囲まれた中で、
やって行く

頑張ろう!
 

箕面市西南図書館・西南学校図書館行って来ました

 投稿者:福山  投稿日:2006年10月25日(水)09時17分58秒
  篠山から車で1時間切れる距離でした。熱心な市民グループが図書館を拠点に活動している様子や学校図書館を見学しました。図書館としての役割をきっちり行政に求めながら、図書館を拠点にした市民の様々な活動がこの図書館の大きな特徴となっていること。「財政的には厳しい状況ですが子どもにとって学校図書館の重要性は認識しています」とほとんどの小中学校への学校図書館職員を配置している教育委員会職員のお話、「学校の先生方にもまず学校図書館の役割や使い方ここは図書室ではなく学校図書館ですとお話します。」と事務室もありたくさんの本がある学校図書館職員のお話。読書、読書といいながらボランティアの読み聞かせだけに頼っているところとは多い違いの環境を実感しました。  

12号届きました

 投稿者:茂木 美知子メール  投稿日:2006年10月16日(月)19時45分34秒
  三木の茂木です。12号ありがとうございました。いつも丹念に作られていて感心します。
篠山でのご縁で、私たちも10月28日に人と本を紡ぐ会の新井せいこさんをお招きします。
また学校図書館の見学にもいかせてほしいと思っています。また教えてください。
12月16日三木で神沢利子さんの講演会あります。ぜひいらしてください。お待ちしています。茂木
 

レンタル掲示板
/12